学会講演会のご案内

「出版史ところどころ」


 日仏図書館情報学会では、5月25日の総会後に、下記のとおり講演会を開催いたします。
 
今回は、共立女子短期大学元教授の二宮素子先生からお話をおうかがいすることとなりました。
  二宮宮
先生は、大学で教鞭を取られるかたわら、フランス絶対王政下の出版と検閲について、日本語やフランス語で緻密な論考を発表される一方、リュシアン・フェーブル、アンリ=ジャン・マルタン共著の『書物の出現』(ちくま学芸文庫)や、ロバート・ダーントンの『革命前夜の地下出版』(岩波書店)などの翻訳紹介も手がけておられます。また、大学での研究生活の最後の10年間は、フランス語圏カナダにおける文字文化についての研究を中心にして来られました。これらの研究の成果をふまえたお話の中からは、多数の意外性に富むエピソードが出てくることが期待されます。
  み
なさまお誘いあわせの上、ふるってご参加ください

講師:二宮素子氏(元共立女子短期大学教授)

日時:2013年5月25日(土) 15:30~

会場:日仏会館509会議室   東京都渋谷区恵比寿3-9-25

入場無料

お問い合わせ:日仏図書館情報学会(日仏会館内)  fax:03-5421-7653  e-mail:sfjbibdoc@yahoo.co.jp